日本では、2018年に経済産業省が『デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン』を公表しており、会計事務所も例外ではありません。

伊藤会計事務所の代表税理士伊藤桜子さん(福岡市)は、10年前からDXによる業務改善を推進して、事務所として抱えていたさまざまな課題を解決してこられました。
そんな伊藤桜子さんのDX推進の取り組みについて、どのような効果があったか具体的・定量的な効果をご紹介、またどのようなステップでDXを推進・浸透させたか、本資料でお伝えしていきます。

【こんな税理士・会計士の方におすすめ】

  • 持続可能な会計事務所経営のために、なぜ「DX」が必要なのか整理をしたい
  • ペーパレスやDXに興味はあるが、具体的に何から始めていいか分からない
  • 事例を自分の事務所にどのような形で落とし込むべきか分からない


【本資料で分かること】

  • 会計事務所がなぜDXに取り組むべきなのか、改めて整理することが出来る
  • アナログ事務所がデジタル事務所に変化した具体的な手法や手順が事例ベースで分かる
  • 事務所経営のDXに向けて明日から何を始めるべきか、最初の一歩が分かる

資料請求フォーム

下記フォームにご記入ください。(1分)
ページトップへ戻る