税理士には定年制度が設けられておらず、税理士試験の受験者も年々減少しています。
そのため、近年は業界の高齢化や後継者不足が顕在化し、事業の引継ぎに頭を悩ませる会計事務所も増えています。

会計事務所の事業承継には、引き継いだ顧問先との関係維持や従業員との信頼関係の確立といった課題やトラブルがまず懸念されます。
また新規の取引先の開拓や変化する環境への柔軟な対応も、継承者を悩ませる課題となることが多いでしょう。

いくつもの課題を乗り越えて事業承継を成功させるには、戦略を立て経営を軌道に乗せることが重要です。
本資料では、効果的な戦略の立て方や事例について解説します。

【本資料で分かること】

  • 会計事務所の引継ぎに伴う課題
  • 事業承継後の経営を成功させる戦略の立て方
  • 戦略を立てるための3つのステップ
  • 戦略実行を助けるプロトタイプ思考と実行事例

資料請求フォーム

下記フォームにご記入ください。(1分)
ページトップへ戻る